グルメレポ

【魅惑グルメ】じっくりジワジワ牛タンの旨味を感じ続けたい / 牛たん おやま

投稿日:

極上の牛肉、そして究極ともいえる牛タンが日本各地の焼肉屋で食べられるようになった昨今。薄切り牛タン、厚切り牛タン、ネギタン塩、牛タン切り落とし、さまざまな牛タンの調理方があるが、仙台の牛タン専門店を食べる意味は「歯ごたえ」と「旨味の放出」にあると考える。

極上品質の牛タンが食べたいというのであれば、近所のリッチな焼肉店に行けばよい。改めて言うが、仙台の牛タン専門店で牛タンを食べる意味は、「歯ごたえ」と「旨味の放出」にあるわけで、焼肉屋の牛タンとは別物。なので牛タン専門店に行って「硬い」「硬すぎる」「リッチ感がない」と感じた人は焼肉屋に行くのが正解。





牛タン好きに愛されている「牛たん おやま」(宮城県仙台市青葉区一番町3-7-20)は、JR仙台駅から徒歩圏内にある。小さな店内だが、ここで出される牛タンは硬めで歯ごたえがあり、だからこそハマるウマさ。牛タンを1枚食べるたびに、じっくりと噛み、その強めの弾力で食感を楽しみ、無尽蔵と思えるほどどんどん出てくる旨味エキスを堪能しまくる。

よって、この店に行くと、けっこう時間をかけて食べてしまう。長居してしまうのでお店には申し訳ないが、1枚1枚をじっくりジワジワ楽しむのが至福のひととき。

この店に限らず、牛タン専門店のエコノミークラス的な牛タンは「やや硬め」「硬め」「けっこう硬め」が多く、その硬さこそが美味しさの根源であると理解できなければ、やはり牛タン専門店でなく焼肉屋に行ったほうが良い。焼肉屋と牛タン専門タンの牛タンはカレーとシチューと同じくらい別物なのだから。うまい。

もっと詳しく読む: 【魅惑グルメ】じっくりジワジワ牛タンの旨味を感じ続けたい / 牛たん おやま(東京メインディッシュ) https://main-dish.com/2021/05/23/gyutan-sendai-oyama/

牛たん おやま
住所: 宮城県仙台市青葉区一番町3-7-20
時間: 11:30~13:30 17:00~22:00 (要確認)
休日: 不定休 (要確認)
備考: 営業時間や定休日が変更となる場合があります

-グルメレポ
-, , , , , , , , , , ,

Translate »

Copyright© デカ盛動画まとめ , 2021 AllRights Reserved.