デカ盛り、大盛り、メガ盛り 、バカ盛り、飯テロ

デカ盛動画まとめ

「グルメレポ」 一覧

no image

もしあの試合の前に戻れたら…兵働昭弘が悔やむ長谷川健太監督との最後のシーズン【ごはん、ときどきサッカー】

サッカージャーナリスト・森雅史がお送りする「ごはん、ときどきサッカー」は、サッカー関係者の人生をテーマにしています。第20回は清水エスパルスやジェフ千葉など、様々なチームでMFとして活躍した兵働昭弘さんにご登場いただきました。引退後は清水エスパルスのスカウトとして選手発掘をする兵働さんがエスパルス時代、長谷川健太監督との最後のシーズンでの忘れられないエピソードやその後の移籍で出会った名選手、裏方の偉人について存分に語っていただきました。 (静岡市のグルメ洋食

no image

地元出身ライターがこっそり教える、北九州で食べるべき朝昼晩の3食とは【答え:資さんうどん】

福岡県は九州の美味しいものが集まるとされています。中でも有名なのは福岡市ですが、福岡市に次ぐ九州で2番めの規模の都市と言えば北九州市です。関門海峡に接し九州最北端にあり、古くから九州の玄関口となってきました。製鉄業で栄え観光地としても有名で、カルスト台地の平尾台や、関門海峡を歩いて渡れる関門トンネル人道、近代化産業遺産など見どころもたくさん。そんな北九州に観光に行った場合のおすすめの食事は…?ということで海の幸も山の幸もたくさんのグルメがある中から食べるべきメニューを地元北九州出身ライター、地主恵亮さんが紹介します。(小倉南区のグルメうどん

no image

激辛カレーに正統派洋食、ドイツ風ビアホール…雑多な街で人々を魅了し続ける、新宿「アカシア」の60年〔後編〕

東京のど真ん中新宿に1963年に創業した洋食屋さんの「アカシア」。前編では看板メニューの「ロールキャベツシチュー」とその歴史についてを深堀りしました。こちらの後編では、人気メニューの一つである「極辛カレー」、そして本場のハムやソーセージをきっかけとした「ドイツ風ビアホール」まで、新宿という雑多な街で進化し続け人々を魅了する老舗洋食店の良さをイナダシュンスケさんがまとめてくれました。アカシアのロールキャベツは、日本のロールキャベツの歴史そのものでした。(新宿のグルメ洋食屋

no image

あの山田うどん食堂がタンメン専門店をオープン、その名も「埼玉タンメン 山田太郎」!

埼玉県民のソウルフード(?)のひとつ「山田うどん」。その山田うどんがオープンさせた埼玉愛にあふれた居酒屋「県民酒場ダウドン」も以前に玉置標本さんが執筆し記事にしていますが、今回はさらなる新業態「タンメン」の専門店を開業したということで、また中の人にたっぷりお話をうかがってきました。店名は「埼玉タンメン 山田太郎」。相変わらず埼玉愛を感じますが、うどんが本業なのに「埼玉タンメン」とは一体…?そして某国民的野球漫画の主人公と名前が一致していますが、はて…?その背景にあったのは、麺類への矜持とあふれる埼玉愛、そして海外展開の歴史でした。(所沢のグルメラーメン・つけ麺

no image

あの“スプーンで切れるロールキャベツ”は、どうやって生まれたのか―― 新宿の老舗洋食店「アカシア」の60年[前編]

東京のど真ん中新宿に1963年に創業した洋食屋さんの「アカシア」で最も人気のあるメニューは「ロールキャベツシチュー」。召し上がったことがある方も多いかもしれません。東京を代表する老舗洋食店でありながら、一般的な洋食店の代表的メニュー――ポークカツレツや各種フライもの、ビーフステーキやポークソテー、そしてビーフシチューあたりが看板メニューで、昨今だとハンバーグやオムライス、ナポリタンあたりも。伝統的なメニューの味の決め手は、なんといっても濃厚なデミグラスソース――とは異なったスタイルは、実はかなり個性的。どうやってあのロールキャベツは生まれたのか…?老舗の味と進化について、イナダシュンスケさんが前後編に分けて執筆しました。(新宿のグルメ洋食屋

Translate »

Copyright© デカ盛動画まとめ , 2022 AllRights Reserved.